非分解プラセンタ:人間の吸収と分解システム

2015-05-18 13.01.39-2

プラセンタの分解・吸収                                           プラセンタの主成分はタンパク質です(約80%)。                            タンパク質はそのままでは体内に吸収できません。まず口から摂取したタンパク質は、食道・胃を経由して、小腸でアミノ酸、もしくはペプチドまでに分解されます。               そして小腸の表面にある繊毛から血管(体内)に取り込まれます。小腸から血管に取り込まれた成分は、肝臓に運び込まれ、身体を作る材料になったり、身体を維持するためのエネルギーになります。

人間の持つ消化吸収システムは非常に精緻なメカニズムで成り立っており、食べた物のほとんどはバラバラに分解して吸収することが出来ます。実際に排泄物は、そのほとんどが水分と腸内細菌の死骸、剥がれた象徴の内壁で構成されており、食べかすは6%程度しかありません。

この様に、人間は一度取り入れた物を効率よく分解して吸収することが出来ます。       つまり、プラセンタを吸収する為であれば、わざわざ分解する必要はありません。

体感性(分解と非分解)                                           分解した際のメリットは、効果を感じるのが早いと言うことです。実際に分解プラセンタを飲むと、すぐに顔が熱くなるのを感じた、と言う感想を聞くことがあります。                元々分解プラセンタは小腸から血管に取り込みやすいサイズに分解されています。      小腸に入ればすぐに吸収されますので、効果を感じるまでの時間は短くなります。       しかし、摂取したプラセンタがすぐ血管に吸収されると言うことは、血管にプラセンタが存在する時間が非常に短いと言うことになります。摂取したプラセンタを短時間で使い切ってしまうので、プラセンタが効果を発揮する時間は短くなります。

一方、非分解プラセンタは、胃と小腸でゆっくりと分解されます。分解された物から徐々に吸収されていきますので、血管内に存在する時間が長くなります。これは非常に重要なことで、長時間に渡って体内各所にプラセンタの栄養成分が送られ続けますので、効果も長く持続します。

身体を健康に保つ上で重要なことは、免疫が高い状態を持続することです。分解型プラセンタで短時間だけ免疫細胞を刺激するよりも、非分解型で長時間に渡って免疫細胞を刺激する方が、体の健康には良いと考えています。

製造の実際                                                   vanadis非分解プラセンタは、製造過程で加える物も除く物もありません。つまり、正真正銘の100%プラセンタです。独自の濃縮・乾燥工程を構築した、あくまで素材に優しい加工工程を模索する中で完成したのが、非分解プラセンタです。

一方、分解型分解したプラセンタ粉末は空気中の湿気を吸いやすくなるため、製造途中でデキストリン等の賦形剤を加えなければなりません。デキストリンを加えるとプラセンタの含有量は30~60%にまで落ちてしまいます。

つまり、より効率よくプラセンタを摂取するには、非分解プラセンタが最も適しているのです。

 

消耗品のAYAビジネスの考え方を持つ

握手のイラストネットワークビジネスのやり方は人それぞれです。チャレンジ志向が強く成功したいと考え、正しいやり方で大きな目標にアタックする人が、どんどん増えればボリュームが大きくなり製品の流通が盛んになります。そうならないで、いつまでも横ばいや傘下が減っていたら問題です。そして、その問題は誰のせいでしょうか?自分の心がけ次第では100%成功の階段を上がれるのにと思います。現在ネットワーカと言われる人達で正しいやり方でMLMを展開している人は少ないと言われています。       その理由はリーダーの未熟さと身勝手さです。最高タイトルを取り、一時的に収入が増えるといつまでも続くものと考え傲慢になっていく人も少なくありません。そして、本人は決して気付かないのでネットワークビジネスにはチャンスが多いにあると言う人もいます。つまり、改めてネットワークビジネスの基本を再認識するべきと思います。偽物ではなく正しいネットワークビジネスの真髄を再認識することが出来れば、ネットワークビジネスを始めるのが早い遅い等は問題ではありません。それは自分の信用ビジネスなので正しいビジネスを選ぶ目が必要です。しかし、ほとんどの人がビジネス選択を間違った観点で選ぶ傾向があり、早い遅い・ポジションが良い・入会の際、特別待遇を受けた等です。もし、早く参加し特別待遇を受けてもポジションが良いだけで何かメリットがあるなら、そんなビジネスは早い者勝ちなので、平等で公平なビジネスとはいえないと思います。AYAビジネスはハンドシェークなので、間口が広く敷居が低い奉仕と友愛なのです。

 

AYAビジネスの基本

Vector Mobile phone with technology business Network process

AYAビジネスの最初の段階では「土台作りビジネスです」。つまり、基礎をシッカリ作ることだと思います。この土台がないと永続的で継続的な権利収入が得られません。           AYAビジネスは最初の段階では全ての会員さんは愛用者会員です。愛用者登録は電話、web、FAX等で簡単に出来ます。愛用者は定価で製品を購入していただき、愛用者登録した時点でHL(ハナレディー10%)に昇格,その後10%引きで製品を購入できます。。そして、自己消費が3万円(定価)に達した時点でHB(ハナブロンズ25%)に昇格します。その後、愛用者会員は継続して製品を25%引きで購入できます。また、次のステージ(ビジネス会員ABアヤブロンズ)に進むか進まないかは自由です。ビジネスステージに進む方は、ここで概要書面の提出が必要になりますので、書面をFAXか郵送で会社へお送りください。                              ビジネスメンバー登録するとAB(アヤブロンズ)です。ここからは愛用者作りとビジネスメンバーの育成、両面で構築して行くのが一番強硬なビジネスになります。                 ABに用意されているボーナスはダイレクトボーナス(25%)とグループボーナス(15%)です。AYAビジネスの中でもボリューム作りは最重要です。このボリュームを作る基礎は、徹底した自己愛用によって「製品の良さと違いを心底味わい」、「仲間と感動を共有することです」。そして、自分のAYAビジネスが魅力的なビジネスとして仲間たちと共有化されて行くことが、グループの差別化に繋がりますので貴方のグループのポリシーは大事です。                  やり方は色々あると思いますが、何故こう言う基本的な活動が大事かと言うとネットワークビジネスは倍々ゲームなんです・・・・・。                                   倍々ゲームなんってあり得ない!と言う人もいますが、AYAビジネスの基本を踏まえて活動すれば、倍々どころか何倍にも加速がついて膨れ上がることは、別に珍しいことではありません。

理想なMLMを求め!

attractive asian women showing成熟したこの国の人々が求めるものを満たしながら、社会や自然との調和を目指し理想的なMLMを目指すAYAビジネス!!

AYAビジネスは「間口が広く敷居が低い」誰でも参加出来るようになっております。自分のお気に入りの製品を親しい友人や知人に教えることは自然な形であり、これからもAYAビジネスの源はここにあると思います。AYAビジネスは「友愛と奉仕」」が基本です。友を愛し、家族を愛し、全ての人を愛する。そして、感動する心を大切に人と接することは、すばらしい仲間との出会いがあり楽しい人生を送ることが出来ます。

ネットワークビジネスを良く思わない人もいますが、認識さえ間違わなければ他のビジネス手段に比べ圧倒的にパフォーマンスもスケールも大きいと思います。                そして、AYAビジネスは一発大当たりを目指すビジネスではありません。もちろん大きな目標や勝負をかける姿勢は重要だと思いますが、基礎がない無理矢理の目標達成は一瞬周りの目が変わり気分が良いでしょう。しかし、貴方には何も残ってはいません。           ネットワークビジネスには「消耗品」と「耐久商品」とがありプランニングそのものが違ってきます。その基本的な違いを理解できず(アップが教えられない)地域を駆け巡り、売り歩く生活から抜け出せなく、出張貧乏で台所事情が火の車で忙しいばかりで思うように成果が出ず、悶々としている人々が想像以上に多いのです。少なくとも少しずつ貴方の状況が上まっていくマーケティングをやらないと、ネットワークビジネスの本当の醍醐味は味わえないまま終わってしまいます。現在は色々と稼ぐ方法があると思いますが、長期に渡って安心して個人が活動できるシステムはネットワークビジネスが最適なのです。

Vanadis(非分解プラセンタ)原末の特徴

Vanadis(プラセンタサプリ)は、胎盤の仕入れから原料製造、製品製造までを一貫して行い、添加物を含まない濃度の高い原料を使用して製品化しております。

●乾燥方法が違う!                                                  従来のサプリメントに使用している原料は、スプレードライ、フリーズドライ等で仕上げられているものが大半です。Vanadisに使用されているプラセンタ原末は、独自に確立した乾燥方法なので、そのプラセンタ原末は表面と中心部にムラが無く均一に乾燥されて高品質に仕上がります。

●無添加の違い!                                               Vanadisのプラセンタ原末には、水、防腐剤、賦形剤、保存料を一切添加しておりません。そのため、小さなカプセル(250mg)でも高濃度のプラセンタ原末を、よりしっかりと充填できます。                                                      (細菌検査等を行っておりますので防腐面もご安心してお使いください)

●濃縮率が違う!                                                          VANADISのプラセンタ原末は、約50倍濃縮の高濃度です。プラセンタ原末1kgに対し、満期出産時に摂取された胎盤を50kg以上使用しております。例えば、Vanadisのカプセル品(250mg)の場合、10,000mg以上の胎盤を使用しております。

●アミノ酸量の違い!                                             プラセンタの要ともいえるアミノ酸量ですが、タンパク質の濃度から算出される総窒素含有量で比較することが出来ます。数値の高いものほどアミノ酸を多く含んでいると判断でき、健康保持等に役立ちます。Fotolia_44745704_S

プラセンタの分解・吸収

Fotolia_22266465_S

貴方の5年後は右、左?

市場に出回っているプラセンタサプリの殆んどは分解粉末です。アヤエンタープライズのVanadis100%は分解をしておりません。「胎盤をそのまま源末に」を開発コンセプトとしてきました。効果の高いプラセンタを作るためには分解を必要がないと考えます。

プラセンタの主成分はタンパク質です(約80%)。タンパク質はそのままでは体内に吸収されません。まず口から摂取したタンパク質は、食堂、胃を経由して、象徴でアミノ酸、もしくはペプチドまで分解されます。                                           そして、小腸の内壁にある繊毛から血管(体内)に取り込まれます。小腸から血管に取り込まれた成分は、肝臓に運ばれてから体内各所に運ばれて身体を作る材料になり、体を維持するためのエネルギーになったりします。

人間の持つ消化吸収システムは非常に精緻なメカニズムで成り立っており、食べた物のほとんどはバラバラに分解して吸収することが出来ます。                         実際に排泄物は、そのほとんどが水分と腸内細菌の死骸、剥がれた小腸の内壁で構成されており、食べかすは6%程度しかありません。

この様に、人間は一度取り入れたものを効率よく分解して吸収することが出来ます。つまり、プラセンタを吸収す為でだけであれば、わざわざ分解する必要はありません。           さらに、胎盤は栄養素のライブラリと言われているくらい、栄養豊富な原料です。その栄養豊富な原料を分解してバラバラにするよりも、凝縮したほうが多くの栄養価を取り入れると考えます。

体感性(分解と非分解)

健康美

健康美

人間の吸収作用は経表皮吸収と口腔吸収があります。皮膚の吸収作用を早めるには塗っておく時間を長くすること、粒子がなるべく小さいこと、拡散度が大きこと等が挙げられます。そのため化粧品の原料に使用するプラセンタは分解プラセンタを配合するメーカーが多いようです。
健康食品は口腔吸収なので私たちの持っている消化システムに着目する必要があると思います。分解したプラセンタのメリットは、効果を感じるのが早いと言うことです。実際に分解プラセンタを飲むと、すぐに顔が熱くなるのを感じたと言う感想が聞かれます。元々分解プラセンタは吸収しやすいサイズなので小腸に入れば直に吸収され、効果を感じるまでの時間が短くなります。しかし、摂取したプラセンタが全て直に吸収されると言うことは、血管にプラセンタが存在する時間が非常に短いと言うことにもなります。摂取したプラセンタを短時間で使い切ってしまうので、プラセンタ効果が短いと言えます。
一方、非分解プラセンタは、私たちの体内でゆっくり分解されていきます。そして、分解されたものから徐々に吸収さていきますので、血管内に存在する時間が長くなります。これは非常に重要なことで、長時間に渡って体内各所にプラセンタの栄養成分が送られ続け、効果も長く持続するのです。
身体を健康に保つ上で重要なことは免疫が高い状態を維持することです。分解型プラセンタで短時間だけ免疫細胞を刺激するよりも、非分解型プラセンタで長時間に渡って免疫細胞を刺激するほうが、体の健康には良いと考えています。
元々胎盤は栄養成分のライブラリと言われておりますので、非分解プラセンタには、製造工程で加えるものも除くものもありません。つまり、正真正銘のプラセンタ100%です。
「胎盤の栄養素をそのまま粉末に」を実現するために、独自の濃縮、乾燥工程を構築し、あくまで素材に優しい加工工程を模索する中で完成したのが、非分解プラセンタVanadisプラセンタ100%です。
一方、分解したプラセンタ粉末は空気中の湿気を吸いやすくなるために、製造途中でデキストリン等の賦形剤を加えないといけません。デキストリンを加えると、プラセンタの含有量は30~60%にまで落ちてしまいます。つまり、より効率よくプラセンタを摂取するには非分解プラセンタが最も適しているのです。

非分解プラセンタ

画像

chemistry lab teacher analysis「バナディース(Vanadis)」                                         元々サプリメントとは食事を補うもの「補助食品」と言う意味で、アメリカのDSHEAではサプリ メントは「ハーブ・ビタミン・ミネラル・アミノ酸・」などの栄養成分を1種類以上含む、栄養補給の為の製品で通常の食べ物の形状をしていない物と定義されています。つまり、食品や医薬品とはハッキリと区別された「サプリメント・健康食品」が確立しています。              私たち人間の身体は「口」から摂取した物で生きています。その栄養を使って体内エネルギーを作り出し、人間の古い細胞をすて、新しい細胞を生み出しています。この作業を代謝と言い人間の組織生命維持をつかさどっています。この代謝をスムーズに行うためには糖質・脂質。たんぱく質の3代栄養素が必要になります。                              現在出回っている胎盤由来の健康食品はプラセンタ分解粉末です。株式会社アヤエンタープライズで提供しているVanadeis(プラセンタ)は非分解プラセンタです。胎盤は栄養素の宝庫と言われています。                                                     その胎盤の栄養素一覧は                                          ●アミノ酸:ロイシン、リジン、バリン等十種類                               ●各種活性ペプタイト数多く確認                                      ●ビタミン:B1、B2、B6、C、D、E、ナイアシン等。                            ●ミネラル:カルシウム、ナトリウム、カリウム、マグネシウム、亜鉛、鉄等。            ●酵素:アルカリフォスターゼ、酸性フォスターゼ、ヒアルロニターゼ等少なくとも数百種以上が 確認されている。                                               ●糖質:グルコース、カラクトース、多糖類、グリコプロティン等。                   ●核酸:DNA、RNA及び代謝物質等。この他胎盤には様々な有効成分によって構成されていて、いま注目されている成分が神経成長因子、肝成長因子、コロニー生長因子等、生理作用の強い各種の成長因子の存在も確認されている。                          「プラセンタの分解・吸収」                                          プラセンタの主成分はタンパク質です(約80%)、タンパク質はそのままでは体内に吸収されません。まず口から摂取したタンパク質は、食道・胃を経由して小腸でアミノ酸、もしくはペプチドにまで分解されます。そして小腸の表面にある繊毛から血管(体内)に取り込まれます。  小腸から血管に取り込まれてから体内の各所に運ばれて、体をつくる材料になったり、身体を維持するためのエネルギーになります。                                  人間の持つ消化システムは非常に精緻なメカニズムで成り立っており、食べた物のほとんどはバラバラに分解して吸収することが出来ます。実際に排泄物は、そのほとんどが水分と腸内細菌の死骸、剥がれた小腸の内壁で構成されており、食べかすは6%程度しかありません。この様に、人間は一度取り入れた物を効率よく分解して吸収することが出来ます。つまり、胎盤内の有効成分をわざわざ分解する必要はありません。Vanadisは1kgの胎盤を独自の技術で洗浄・乾燥して有効成分を壊さず、250mgまで凝縮した高性能、高濃度な健康食品です。

 

 

肌の色白は七難隠す

女性写真
化粧品を扱う人達で「冬場は肌年齢が2歳~4歳老いると」と言う方がおります。しかし、秋田美人、越後美人などと言う言葉で代表されるように、寒い地域に滑らかな肌で色白の方が多いのはなぜでしょう?
昔から「色白は七難隠す」と言われ現代でも女性の美しさの重要な要素となっています。そして、そんな肌の持ち主が北陸、東北など日本海側の雪深い地域に多いと言われています。地域性があるのでしょうか?
あるデーターを見ると日光と乾燥にあるようです。つまり、北陸、東北と関東の女性たちの肌色の差は生まれつきと言うよりも、むしろ生活している地域の気象条件と関係しているように思います。それは、日射量と湿度の季節変動ではないでしょうか!今の時期、ニュースの気象情報などでよく見られるのが東低西高の気圧配置です。大陸の高気圧から吹き出される冷たく乾燥した風は日本海を渡る時、大量の水蒸気を吸い上げ雲を作り日本海沿岸に雪を降らせます。また、日本列島の中央山脈を越える頃には乾燥した空気となり太平洋側に吹き下ろします。
これにより冬の東北、北陸など日本海沿岸で雪の多い地域は曇りや雪の日が多く、日差し(紫外線)が少なく湿度が多くなります(肌に良い環境)。その一方関東地域など太平洋側は晴れの日が多く空気も乾燥するため湿度が下がります。
つまり、日本海側は肌に潤いを与え紫外線が与える害が少ないと言えます。また、逆に大平洋側では肌が乾燥に傾き冬でも紫外線の害があります。この様に美容環境も変わり肌の手入れの仕方も変わります。日本海側、太平洋側問わず冬場では肌の保湿とUVケアを万全にし、夜には肌細胞に栄養を与えることでキメが整い色白素肌美人に近づくと思います。[正しい手入れは肌も喜ぶ]